FXのシナリオ作りを徹底解説!これができないとトレードで勝てない理由。

SEIYA
動画でも解説しています!! 是非ご覧ください!


では今回から相場の本質についてお話していきたいと思います。これからお話する動画全てそうなんですが、勝ち続ける投資家になるには必須の知識になるので、しっかり覚えて次に進んでください。

そもそもシナリオとは!?


環境認識

前回の動画で、FXで勝ち続けるようになるには、シナリオ作りが必要だとお話しました。そして、そのシナリオを作るには環境認識が必要になります。


シナリオ作り

環境認識ができるようになると、トレードのスタート地点ゴール地点を決めることができるので、トレードのシナリオを組むことができます。

今回は「スタート地点・ゴール地点の定め方」についてお話したいと思います。

これぞ王道!シナリオ作りの本質を学ぶ


下降トレンド

前回の動画でFXは多数決の世界だと説明しましたよね。

波は多数決で勝利していく方に動いていきます。
この図では、下降トレンドが形成されていて、価格が安くなると思う人が多いのでこのような状態となっています。

では、実際ここからスタート地点を決めるとなると、どう考えればいいのか。

それは、多くの人が反転を意識するポイントを見つける必要があります。

それを見つけるには、多くの人が共通して見ているものをあなたも見る必要があります。

 

多くの人が共通して見ているもの。

 

皆さんはなんだと思いますか??

 

答えは、ローソク足です。どんなインジケーターよりも多くの人が注目しているのは、これまでの価格の記録を残しているローソク足です。さらに、そのローソク足の中でも多くの人が注目するポイントというのは

過去の高値・安値です。ここからは実際のチャートを見てもらった方がわかりやすいので切り替えます。

反転を意識するポイントをつかもう!


レジスタンスサポート

これはドル円の4時間足チャートになります。
で、この青の四角が高値圏・安値圏に引いたサポートゾーン・レジスタンスゾーンになります。

よく、質問でサポートラインやレジスタンスラインをひく時は
ヒゲも含めてひくのか。それとも実体だけでひくのかという質問をいただくことがあります。

これはどちらが正解というのはありません。ヒゲで反応することもあれば実体だけで反応することもあります。なので、この範囲は許容するというゾーンでひくことを僕はオススメしています。


xmチャート

では実際にシナリオを組んでいきましょう。シナリオを組むには、まずスタート地点を決める必要があります。今、相場がこの①の時点だったとします。

この①というのは、一度、前回高値を超えて、上を試したんですが、4時間足のロウソク足が固まる時には、ちょうど実体として前回高値のライン付近まで戻して、ロウソク足が固まっています。

実際、波の反転を確認するには、もう少し短い時間足も見ていかないといけないです。それは次の動画で解説します。


fxスタート地点

今はこのラインをスタート地点として定めることとします。波が反転しスタート地点が正しく機能すると、これまで前回安値から上昇トレンドを作って①まで来ていた価格の波が次は反転し安くなるとおもう人の人数が多くなるので。価格は下がっていきます。

で、次にゴール地点を決める必要があるのですが。次はスタート地点とは逆の考えで、ここまでは価格が下がるだろうとみんながおもうポイントを見つける必要があります。

その、みんなが意識するポイントというのは


fxサポートゾーン

この前回安値である。サポートゾーンになります。なのでこのサポート地点を


fxゴール地点

ゴール地点として定めるのが一般的です。では。実際この後相場がどうなったかというと。


fxゴール地点2

ご覧の通り、ゴール地点まで相場は向かっていきました。これは4時間足でみているのでこのスタート地点とゴール地点だけでもおよそ280pips獲得できることになります。

もちろん過去チャートを見ているので結果論でお話できていますが。
このようにシナリオを組めるようになることがとても大切です。

では、この後も追っていきましょう。先ほどの図のゴール地点で波の反転を確認できたとします。

(これまで①の地点から下落トレンドを形成してゴール地点まで到達した波が次にまた反転して上昇していこうとたということです。)


mt4チャート

そうすると、これまでゴール地点だったのが次はスタート地点となり、次に目指すべきゴールは前回高値である①の地点がゴール地点となります。その後どうなったかとというと


mt4チャート2

正しくゴール地点まで相場が上昇していきました。

何度も言いますがこれは結果論であって100%こうなるとは限りません。

相場は多数決なので多くの人が意識するポイントを見つけ

このようにシナリオを組めるようになることが大切です。


mt4チャート3

で、この後の相場というのは、もちろん、ずっと前回高値安値を往復するわけではなく、指標などがあり、更新し、次はそれが前回安値となりどんどん変化していきます。

大切なことは今、目の前にある相場状況をしっかり把握しシナリオを組むことです。

しかし、まだもうひとつ。多くの人が注目している「抵抗帯」となるポイントがあるんです。

さきほどのこのチャートにも、実はもうひとつの抵抗帯が隠れていることに気づいた方はいましたか??

忘れがちなもう1つの抵抗帯


キリ番

それは価格のキリ番です。キリの良い価格のことです。人はキリの良い数字というものによく意識されるんです。

実体やヒゲを含め、多くのロウソク足がこの114円のキリ番で抵抗されているのがわかりますよね。このキリ番というのは見逃されがちですが、多くの人が注目する大切なポイントとなるので見逃さないようにしておきましょう。

まとめ


 2つの抵抗帯

はい、いかがでしたでしょうか。今回説明させていただいたこのふたつ。
これが最も抵抗帯として機能するふたつです。

このふたつを完璧に見れるようになるとトレードのシナリオを組むことができるのであなたがどのようにして利益を上げるのか道筋がみえるようになり、思考も、クリアになります。

この内容は勝ち続けるトレーダーになるためにも、とても大切な土台となります。
ご自身でも過去チャートを見て、どんどんゾーンを引いて練習していきましょう。

それでは今回の講義は以上となります。また次の講義でお会いしましょう!


レバレッジ888倍・追証なし・圧倒的な約定力!

本物のFXを体感しよう。