損小利大を徹底解説!勝ち続けるFXトレーダーの資金管理法

SEIYA
損小利大最高ー♪
今回はFXでトレードしていく上で切っても切れない資金管理についてお話したいと思います。

この資金管理が正しくできていないと、いくらトレードが上手くても効率よく稼げません。

逆にトレードが上手くいかない時は更にマイナスを加速させることになるのでしっかりマスターしていきましょう!

そもそも損小利大ってなに!?

まだトレードを初めて間もない方は損小利大という言葉を聞くのが初めてという方もいると思うので簡単に解説します。

損小利大」とは、文字通り損失は小さく利益は大きく取ろうという意味です。トレードをする際、損失に対してはできる限りリスクを小さくし、利益が出せる時は強気にリスクを取りにいき利益をより大きくしよう!ということを重視した考え方です。

そんなの当たり前じゃないかー」と思ったそこのアナタ!!

ですが意外と上手くできないのが人間です(´Д` )

それには人間誰しもが持っている心理が大きく関わってくるからなんです。

損小利大が上手くできない理由

その心理をわかりやすく表した最も代表的な理論として、「プロスペクト理論」というものがあります。

損失にはリスクをとる

例えば、あなたが保有しているポジションが損失を抱えている状態だったとします。

そんな時、あなたはこんなことを考えたことはありませんか?

もう少し待ったらあがると思うんだけどなー…
とりあえず建値まではもっておこう

もちろん、損失であることは理解していますが損をなるべく小さくしたいという思考が頭を巡り
損失に対するリスクをとってしまいます。

この時は目の前にある損失に意識が向いてしまい、結果的にリスクの大きなトレードを行ってしまいます。

損小利大の考えで最終的に利益を確保できればいいはずなので、損失も基準を決めて許容することが大切です。

どんな有名なトレーダーでも必ず損切りはしています。
損切りは必要経費だという考えでトレードを行うことが大切です。

利益がでればすぐに利確してしまう

一方利益が出ている時はどうでしょう。

まだ目標に到達していないけど下がる前に利確しておこう!
前に早めに利確していなくて失敗したから今のうちに決済しておこう
人は利益が出ていればとりあえずその利益は確保しておきたい!という心理が働き

過去にした失敗の経験なども拍車をかけ、決済してしまいます。
いわゆる「チキン利食い」と呼ばれるものですね。


このように人は本来「損大利小」に思考が働き行動してしまう生き物なんです。
なのでこれを半強制的に制御していく必要があります。

損小利大になるトレードルールを作ろう!

では実際どのようにトレードルールを作るのかというと「損切りpips」と「利確pips」を損小利大になるように決め、そのルールに当てはまらないポイントではエントリーしないということです。

損切りpips」と「利確pips」を決める

例えば「損切り-20pips」「利確+70pips」というルールでトレードを行うと
仮に4回トレードして連続3回損切りになったとしても+10pips獲得できますよね。

このように自分のトレードスタイルに見合った損切りpipsと利確pipsを予め決めておくことが大切です。

ルールに当てはまらないポイントではエントリーしない

先ほど決めたトレードルール「損切り-20pips」「利確+70pips」が当てはまるポイントでしかエントリーは行いません。

たとえば、エントリーする際に利確目標が70pipsを超えているエントリーポイントを見つけたとしてもエントリーする際に損切りポイントが-20pipsを超えてしまう場合はエントリーしないということです。


いかがでしたでしょうか。このように決めたルールにのっとり上手に資金管理をすることで効率よく資金を増やしていけます。

大切なことは必ずルールを守るということです。
これが出来なければルールを作る意味がないですからね( ;´Д`)

目の前の損失に惑わされずトータル的にプラスを出せるようリスクとうまく付き合いトレードしていきましょう!

是非みなさんも実践してみてくださいね!


レバレッジ888倍・追証なし・圧倒的な約定力!

本物のFXを体感しよう。