僕が愛用している検証ソフト「フォレックステスター」について

今回は僕が愛用している検証ソフト「フォレックステスター」について紹介したいと思います。

これまでに検証は大切だと何度も説明してきました。

なぜ検証が大切かというと、それは実践的なスキルが身につくからなんです。

プロ野球選手も日々練習をして試合に挑んでいますよね。

FXのリアル口座でのエントリーは「試合に出場する」ことと同じです。
なにも練習せずに試合にでて勝てる自信が湧きますか?

僕なら湧かないです。理由は簡単、これまでに練習して成果を残した実績がないからです。
試合に勝てるようになるために練習(検証)することは当たり前のことです。

僕が行っている検証方法

僕が行っている検証方法は主に2つ
①過去チャート
②フォレックステスター

①過去チャート

過去チャートに関しては検証というより「確認」という作業です。
とはいえ、過去チャートもこれまでの戦績を残した貴重なデータです。

メリット

・多くの通過ペアで確認できる。
・すぐに確認できる

デメリット

・答えが見えてしまっている。


この答えが見えてしまっているというのは良くも悪くも検証と呼ぶには致命的で、答えが見えているものは検証とは呼べないと僕は思っています。なので最初にも述べた通り確認レベルの時に活用します。
例えば、レジサポラインが過去一年で何回機能しているかやインジケーターが正しく機能しているかサクッと確認したい時に使います。

②フォレックステスター

フォレックステスターは過去チャートのトレードをリアルタイムで再現することが可能です。

メリット

・リアルトレードと同じようにエントリーできる
・早送り,巻き戻しができる

デメリット

・待つ訓練ができない


これぞ、検証ですね。デモトレードでは、これから使う手法が機能するのか確かめるのに時間がかかるし過去チャートだと答えが見えてしまっているので自分の都合の良いように検証してしまいがちですよね…

フォレックステスターでは過去チャートを活用し実際にチャートが動かせるので、まるでリアルタイムでトレードするかのように過去チャートでトレードすることが可能です。

実際にエントリーをしたら早送りもできるので超時間短縮できます!
1年分の検証も1時間あれば終わってしまうレベルですw

これは先ほどの野球の練習で例えると「練習試合」をしているクオリティです。過去実際に起こったチャートの記録ですのでかなり信頼度の高い検証が可能になります。

ただし、デメリットでも述べている通り、待つ訓練ができません。FXは待つ時間がほとんどです。フォレックステスターで検証する際はそのことをしっかりと頭の片隅に置き検証を進めることが大切です。

詳しくは下の動画で僕が伝えたいことを非常にわかりやすく解説してもらっています。是非参考にしてください。

上記動画では(2:30あたり)ティックデータはスキャルをやる方以外必要ないと説明されていますが、5分足でエントリーをする際、僕の場合結構カクカクしてエントリーのタイミングを計るには使えなかったのでティックデータ(VIP)を購入することをオススメします!一度購入してデータを取り込み解約すればそれ以外にかかる費用はありません。


レバレッジ888倍・追証なし・圧倒的な約定力!

本物のFXを体感しよう。