レバレッジってなに!?どこよりも簡単にメリット・デメリットを解説!


はい、今回はですね。part2としてレバレッジについて解説していこうと思います!レバレッジは初心者にとっては少しわかりにくい概念になるのでなるべく噛み砕いて解説していきます。

レバレッジとは

そもそもレバレッジというのを簡単に説明すると、少ない資金で大きな取引が可能になる仕組みのことを言います。


レバレッジとは

たとえば、レバレッジを10倍に設定したとします。そして取引可能な資金(証拠金)を10万円用意したとします。通常レバレッジをかけなければ10万円分までしか取引することができません。


レバレッジとは

今回は10倍のレバレッジをかけているので100万円分の取引を行うことが可能になります。


レバレッジ25倍

このレバレッジというのは国内のFX会社であれば、最大で25倍までレバレッジをかけることが可能です。

取引シミレーション

では実際にレバレッジをかけた場合とかけない場合での取引のシミレーションを行ってみましょう。

レバレッジなしの場合(証拠金10万円)


レバレッジなしの場合

まずはレバレッジなしの場合から説明します。いま1ドルの価格が100円だったとします。前回同様、両方お金だと少しわかりにくいので


レバレッジなしの場合

1ドルをひとつの商品として考えてみてください。1ドルという商品が今100円で販売されているということです。で証拠金というのは取引に使えるお金ということなので所持金が10万円あると考えてください。


レバレッジなしの場合

で、あなたは今後ドルの価格が上がると予想し、1ドルという商品が100円のうちに購入しておこうと考えたとします。


レバレッジなしの場合

所持金が10万円なので1ドルという100円の商品を1000個購入すると丁度10万円分購入することができますね。なので証拠金10万円で1000ドルを購入したとしましょう。


レバレッジなしの場合

その後、予想どおり1ドルの価格が100円から101円に値上がりしたので


レバレッジなしの場合

このタイミングで持っている1000ドルを売却したとします。購入時から1ドルにつき1円価格が上昇したので


レバレッジなしの場合

1000ドル分売却したあなたは1000円利益があがったことになります。

レバレッジ10倍の場合(証拠金10万円)


レバレッジ10倍の場合

一方レバレッッジを10倍で同じように取引した場合ですと


レバレッジ10倍の場合

証拠金10万円に対して×レバレッジ10倍の100万円分の取引を行うことが可能になります。取引可能な額があがるだけで証拠金の額が100万円になる訳ではないのでご注意ください。

先ほどと同じように今後ドルの価格があがると予想したあなたは取引可能額100万円分、1ドルという商品を購入したとします。


レバレッジ10倍の場合

1ドルという商品の価格が100円なので1万個、1ドルという商品を購入すると100万円分購入したことになります。


レバレッジ10倍の場合

その後、予想どおり1ドルの価格が100円から101円に値上がりしたので


レバレッジ10倍の場合

このタイミングで持っている1万ドルを売却したとします。先ほどと同様、購入時から1ドルにつき1円価格が上昇したので


レバレッジ10倍の場合

1万ドル分売却したあなたは、1万円利益があがったことになります。

レバレッジをかけて損失がでてしまった場合


レバレッジ10倍の場合

はい、このようにですね。レバレッジを使ってうまく取引ができるようになるとレバレッジが大きいほど利益は大きくなります。しかし、これは取引がうまくいった場合の例でして逆に損失の場合だと結果は全く逆になります。


レバレッジをかけて損失した場合

たとえば、先ほど同様1ドル100円で買いエントリーしたが1ドルの価格が下がってしまい99円になってしまった場合だと

レバレッジなしの場合だと損失は1000円で済みますが、レバレッジ10倍の場合だと1万円のマイナスになってしまいます。

これだけみるとレバレッジというのはすごく危険だなというイメージを持ってしまうと思いますが、FXではここまで価格が下がってしまった場合は自動的に決済するという設定をすることができるので損失を最小限に抑えてリスクをコントロールすることができます。

なので許容範囲を明確にしてリスクとうまく付き合うことができればレバレッジというのはとても効率の良い仕組みとして活用することができます。

なぜ、持っている資金以上に取引可能なのか

ではなぜ、実際にないお金で取引することが可能なのかと疑問に思うかもしれませんが、それはFXの決済方法に秘密があります。

それは差金決済という決済方法を取り入れているので可能になります。


差金決済

先ほどのようにレバレッジ10倍をかけて100万円分ドルを購入したとします。しかしこの際に実際100万円を渡しているのではなく、100万円分購入したという記録だけを残していると考えてください。


差金決済

その後、ドルの価格が上昇し100万円分のドルが101万円になり1万円利益がでたので売り決済をしたとします。購入時に実際100万円を渡した訳ではないので、差額の1万円だけを受け取る形となります。これが差金決済の仕組みになります。

この仕組みのおかげで実際に持っているお金以上の取引を行うことが可能になります。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか。今回の動画は少し難しかったかもしれませんがレバレッジはFXをする上でも必須の内容になるので、わからない場合は何度も動画を見直して復習しましょう!

それでは次の動画でお会いしましょう!ご視聴ありがとうございました!