FXはいくら軍資金あれば始めれるの?あなたに合った投資金額を知ろう!


はい、今回はですね。part4として軍資金について解説していこうと思います!
これからFXを始めたい方は一体いくら軍資金を用意すればFXができるのかイメージしにくいと思うので、今回も実際の取引をイメージしながら解説していこうと思います。

まず結論からいうと、最低5万円あればFXのメリットを活かしたトレードが可能になります。よく、最低1万円からトレード可能などのFX会社がありますが1万円でトレードしたとしてもFXのメリットを最大限引き出せないトレードになってしまいます。

理想は30万円以上あるとベストです。30万円以上あると許容範囲の幅が広がるのでアグレッシブなトレードを行うことが可能になります。ではそのFXのメリットが活かせるトレードと活かせないトレードとはなんなのかを解説していきます。

FXのメリットを活かせるトレードとは

証拠金1万円の場合


証拠金1万円

まずは軍資金1万円の場合から説明します。軍資金1万円ということはトレードに使える証拠金が1万円ということです。でレバレッジを10倍かけて1ドル100円の時に10万円分のドル(1000ドル)を購入したとします。その後ドルの価格が上昇し101円になったとします。

すると含み益は1000円になりますね。

FXというのは指標発表などがない限り1日どれだけ価格が動いてもだいたい1円~2円前後です。その幅の中で上がったり下がったりを繰り返しています。

なので一回のトレードで多くとれたとしても1000円程度の利益になってしまいます。もちろんFXではマイナスになることも考慮した上でトレードを行わないといけないです。

マイナスになった例


証拠金1万円

たとえば、証拠金1万円で先ほどと同じようにトレードして、1円価格が下がって1ドルの価格が99円になったとします。すると1000円の含み損を抱える形となり、まだ下がりそうなのでこの99円で決済したとします。1000円のマイナスになります。


証拠金1万円

すると次またトレードする時には証拠金というのは9000円になっているのでレバレッジも9000円に対して10倍かかってきます。なので9万円の取引可能額でドルを900ドル購入できる形となります。結果ドルが101円の時に決済したとしても含み益は900円になります。

このように負けが重なるとドンドンジリ貧になっていきます。

これだとせっかくレバレッジをかけていたとしても証拠金が少なすぎるのでトータルプラスになっても数百円~数千円程度です。

それだったらFXにはデモ口座というものがあるので、本番さながらのトレードを好きな証拠金で疑似体験することができるので、デモトレードで軍資金が貯まるまで練習しておくほうがオススメです。

証拠金5万円の場合


証拠金5万円

では証拠金5万円の場合ですとどうでしょうか。先ほどと同じように1ドルが100円の時に50万円分のドル(5000ドル)を購入し1ドルが101円まで上がった時に決済したとします。すると一気に5000円の利益が確定します。

マイナスになった例


証拠金5万円

そして先ほどと同じようにマイナスになった例も見てみましょう。この場合も1円さがったので5000円のマイナスで決済し、証拠金が


証拠金5万円

4万5千円になったとします。そして同じようにまた1円上がったところで決済すると証拠金4万5千円の場合だと、まだ4500円の含み益を確保することができます。これだとひと月のトータルも数万円〜数十万円が見込めますね。

お分かりの通り30万円の場合も同じように見込み額が上がっていくということです。

まとめ

ご覧の通りですね、軍資金が多ければ稼げる見込み額も高くなります。しかし、注意するべき点はあくまでトレード技術ありきでの話です。

ある程度自信のつくトレードができるまではデモトレードであったり自分の余剰資金で無理のないトレードを行うことが大切です。そしてその軍資金としての金額は最低5万円あるとベストです。

はい、それでは今回の講義は以上となります。

ご視聴ありがとうございました!


レバレッジ888倍・追証なし・圧倒的な約定力!

本物のFXを体感しよう。