XM利用者必見!確定申告のやり方・必要書類カンタン解説

xmを含めた海外FXでは、トレードで得た利益に対して税金がかかります。そのため、毎年2月16日~3月15日頃に確定申告をしなければいけません。

確定申告の対象となるのは、年間で20万円以上(個人事業主や無職などは38万円以上)の所得がある人です。しかし、毎年12月に年末調整をしていたサラリーマン・契約社員・アルバイトなら「確定申告のやり方がわからない」と悩みますよね。

ここでは、xmの利益における税率・必要な書類・取引でマイナス時の確定申告を解説します。

xmの確定申告を行う期間は

xmで20万円以上の利益を得たら、翌年の2月16日~3月15日の1か月間で確定申告をしてください。例えば、2018年1月~12月に30万円の利益を得たら2019年に申告をします。

申告方法としては、郵送(確定申告書の控えを入れる返信用封筒が必要)・e-tax(オンラインでの確定申告/2019年1月からマイナンバーとICカードリーダーのみ必要)・最寄りの税務署への提出が可能です。ただし、確定申告のシーズンは、納税者の相談などで混んでいます。

時間のないサラリーマンや主婦であれば、オンラインや郵送といった申告をしてください。

確定申告に必要な書類とは

xmの利益を確定申告するためには、以下の書類が必要です。

確定申告で必要な書類
源泉徴収票(サラリーマンなど)
控除を受けるための書類(1年間の医療費をまとめたエクセルなど)

国内FXでは、トレードの利益だけに税金がかかります。(※分離課税(ぶんりかぜい))しかし、海外FXでは他の所得と合わせた所得が対象です。

海外FXで20万円以下の所得でも、以下のような例では確定申告が必要です。

【海外FXで確定申告を行う方の一例】

  • 本業のお仕事:50万円+海外FXの利益が10万円-20万円の経費=40万円の所得

確定申告で利用したい書類

xmの利益を確定申告するには、年間取引報告書(1年間のトレード結果がわかるデータ)を用意しましょう。確定申告で添付する書類ではないため、mt4などの取引ツールからダウンロードしてください。

また、xmの確定申告では、取引に使った経費を収入から差し引ける場合があります。海外FXのために利用した経費があれば、レシートや購入履歴を集めてください。(※確定申告書への貼り付けはなし)

【海外FXにおける経費となる費用】

  • トレードで利用したプロバイダー代
  • 取引に役立てた書籍代
  • トレードに関する勉強会の費用

なお、経費の証拠となるレシートや明細は、白色申告:5年。青色申告:7年(所得が300万円以下だと5年間)の保存をしてください。

xmの確定申告における税率は?

国内FXでは、分離課税で税率は20.315%(所得税:15%+復興特別所得税:0.315%+地方税:5%)と決められています。

例えば、FXの利益が1,000万円でも税率は変わりません。しかし、海外FXの収入は雑所得という扱いになります。

多くの利益を得ると、支払う税金が増えるでしょう。所得ごとの税率は、以下のとおりです。

【所得税の税率と控除額がわかる一覧表】

所得額税率所得から控除される額
195万円以下5%0円
195万円~330万円以下10%97,500円
330万円~695万円以下20%427,000円
695万円~900万円以下23%636,000円
900万円~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円以上45%4,796,000円

330万円以下と330万円以上では、税率が10%も違うでしょう。そして、税率のかかり方も所得額ごとに行います。

例えば、所得が300万円の場合は、195万円までは5%。195万以上~300万円までは10%の税率です。

所得330万円以下だと10%の税率がかかるワケではありません。

xmの口座開設ボーナスは確定申告が必要?

xmのマイクロ・スタンダード口座を作成すると、3000円のボーナスがもらえます。このお金は確定申告の対象になるでしょうか。

実は、国税庁でも明確な定義が決められていません。引き出しができない特典のため、所得として扱われない可能性が高いでしょう。

xmで損失したときの確定申告は?

xmでトレードをしていると、年間の損益がマイナスになる人もいるでしょう。もし、あなたが損失を出したら確定申告が必要なのか知りたいですよね?

xmをはじめとした海外FXでは、他の所得との損益通算ができます。これは、国内のFXとは違った申告方法となります。

日本の業者を利用したときは、FXの損失を3年先まで繰り越しができます。例えば、2018年に100万円の損失を出しても、2019年に200万円の利益があれば差し引けます。(相殺できる)

一方で海外FXでは、マンション・アパート・オフィスビルの運営による「不動産所得」・サービス業の「事業所得」と合計できます。

例えば、ケーキ屋さんで300万円(所得)、xmへの収益が-110万円だと、所得が190万円になりますよね。年間の所得が195万円以下のため、所得税の税率が5%になります。海外FXを利用すると、節税効果につながるでしょう。

xmの確定申告で使う「年間取引報告書」の取り方

海外FXの確定申告では「年間取引報告書(あなたの損益が書かれたデータ)」が必要です。ここでは、取引ツールのmt4を利用したダウンロード方法を紹介します。

年間取引報告書の取り方その1:mt4にログイン

まずは、スマートフォン・パソコン・ウェブ版のmt4を立ち上げてください。左上にある「ファイル」を押したら「ログイン」といったボタンがありますよね。

ID・パスワードを入力して「YES」を押してください。

年間取引報告書の取り方その2:mt4の「口座履歴」をクリック

xmのmt4にログインしたら、一番下にある「口座履歴」を探してください。ここでは、あなたが1年間に取引したデータが保管しています。

年間取引報告書の取り方その3:取得した取引データの期間を決める

ステップ2でmt4の口座履歴を押したら、あなたが取得した取引データの期間を決めましょう。

「期間のカスタム設定」を押すと、あなたが選択した日のトレード履歴がチェックできます。例えば、2018年1月~12月までの年間取引報告書がほしい人は、「2018年1月1日~12月31日」と入力して「OKボタン」を押してください。

年間取引報告書の取り方その4:年間取引報告書のダウンロード

あなたが取引履歴を取得した期間を入力すると、取引した通貨・ポジション(売り・買い)・ロット数(数量)が表示します。

そうしたら、口座履歴内で右クリックをして「レポートの保存」を押してください。あなたのファイルにあるデータを印刷すれば、確定申告で利用できる「年間取引報告書」になります。

確定申告で「雑所得」として申請

xmの年間取引報告書を手に入れたら、確定申告書の作成を行います。xmを含む海外FXについては、雑所得になるとお伝えしました。

この場合は、トレードに利用した会社名・住所を入力します。

【XMの「企業名」と「オフィスの場所」】

企業名住所
 Trading Point (Seychelles) Limited

(トレーディングポイントリミテッド)

Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprus

 


レバレッジ888倍・追証なし・圧倒的な約定力!

まだ知らないFXを体感しよう。